【選挙結果】堺市長選挙 現職が当選

9月29日に投票の堺市長選挙は、現職の竹山修身氏が当選を決めた。

投票率  50.69%

竹山 修身  198,431票

西林 克敏  140,569票

今回の選挙結果の大きな特徴のひとつは、投票率が大きく伸びたことであろう。

市長選挙の投票率推移は、平成17年 32.39% 平成21年 43.93%であり、4年前の選挙から7%近い伸びを示し、市民の関心の高さを示した。
そして、大阪都構想に対する拒否の姿勢を堺市民は示したと言えるだろう。

ただ、大阪都構想が最大争点とされ、他の重要施策について、選挙戦を通じて十分な議論が行われたのか、と言えば、それは不十分と言わざるを得ない。(事務局)

「【選挙結果】堺市長選挙 現職が当選」への8件のフィードバック

  1. 今回は、「大阪都構想」か「堺はひとつ」か、を争点に、堺市長選挙に向け早くから再選を狙い、「堺はひとつ」運動を広く呼び掛け、自・民はもちろん共産・長谷川陣営まで取り込んだ竹山市長の勝利です。西林陣営は、「落日」といわれる橋下維新・日本維新の総力戦でしたが、堺で、まだ、議論も十分されていない「ワン大阪」(大阪都構想)を争点に戦えば、勝負けは明らかでした。堺民族主義、堺モンロー主義をあおる結果にもなり、無党派層を、竹山陣営に走らせました。西林氏の出遅れ、知名度等もありますが、明らかに、橋下維新の戦略の誤り、大阪都構想の欠陥が露わになったと言うべきでしょう。それを、戦術の誤りと誤魔化しています。選挙後半、大阪都構想の実現のためには、住民投票のハードルがあり、最終、住民に決めて頂くと理解を求めても、もともと、輝かしい歴史と伝統のある堺を、大阪都に組み込むには、無理があります。また、4年間の竹山市政に疑問を持つが「堺を守る」という多くの票や無党派層の票が、竹山現職市長に、投ぜられたことは、アンケート調査にも出ています。竹山市長の勝利宣言は、結構ですが、14万票の反対票、竹山さんに「ノー」の票に対し、何の反省の弁も聞けませんでしたね。今後の市政運営に注目です。

  2. マスコミは、今回の堺市長選挙では、総じて、反橋下維新、反大阪都構想でした。マスコミを利用し、味方にして大阪で連勝してきた橋下維新の「落日」の始まりと思います。投票率があがった分、票(無党派)は、相手(竹山市長)の方に行ったことも、橋下維新の行く末は、厳しいと思われます。一方、私は、竹山市政やその政治手法に大きな疑問を抱いています。「政令市、堺を守る」は、良いとしても、堺をどのように発展させ、大阪府や大阪市はじめ周辺市との連携をどうするのか、そして、市民生活をどう守るかの信念は見えません。竹山市長の今後の市政は、共産党や市民派(?)の長谷川議員の全面支持をうけ当選したこともあり、さて、どちらにかじ取りを切るのやら、竹山さんの方がもっと厳しいでしょうね。

  3. しっかりとした。竹山市長の市政運営を祈ります。
    「堺はひとつ」「堺をつぶすな」の本当の意味を実感して頂きたい!
    そして自民党、民主党、共産党、公明党、議員の方々もこの意味合いについてキッチリとした、説明をしていただきたいものです。

    1. 堺市は明治22年誕生以来、14回の合併を経て今日があります。中核市で6支所、政令市で美原区が入り、7区ができていますが、都市の形は、各区それぞれの特性があり、かつ、都市交通に回遊性がなく、南北に集中しています。従って、堺は、「ひとつ」ではなく、分断され、市民意識も異なります。泉北(南区)など、堺市民意識は希薄です。都市交通のネツトワークにより、堺市民皆んなが、郷土意識や誇りを持ち、堺・大阪の再生に向け、努力したいものです。都市内分権も大事ですが、真に、堺が、「ひとつ」になり、南大阪の中核都市の役割を果たして行きたいと思います。

  4. 10月8日、初登庁の竹山市長は、幹部職員に対し、『各区に「区民ボード(評議会)」を設置して行く旨』の訓示をしています。どのような都市内分権をイメージされているのか分かりませんが、「評議会」は、「協議会」等と異なり、世界の都市の例からみてもイタリアの数都市にみられる先進的なもので、「議会」(議決機関)が併設される行政機関です。現在では、十分機能していないとか。果たして、「住民参加」のシステム(基本条例)もなく、また、政党政治も成熟しているとは言えない堺市で、「評議会」設置が、いつもの口約束に終わらぬよう、注目しましょう。

    1. 竹山市長は、朝日新聞のインタビューで、各区に「教育委員会」を置くと言つています。マニフェストでは、各区に「教育審議会」を置くとか。「委員会」(行政機関)と「審議会」(諮問機関)は全然違います。また、これらは、堺市各区に設置すべき「組織・機関」でしょうか。それが都市内分権につながるということですか。堺のまちの「将来ビジョン」もなく、「都市内分権」の全体像も示さず、少し場当たり的ではないでしょうか、心配です。

  5. 今回の堺市長選挙、はじめて選挙を棄権しました。竹山さんを応援することは出来ませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>