カテゴリー別アーカイブ: 堺市政

「阪堺線への支援の中間検証結果」への意見募集

堺市HPに、「阪堺線への支援の中間検証結果」が掲載されている。
この「中間検証結果」は、堺市阪堺線活性化推進懇談会(塚本座長)にて、まとめられたもので、本年9月1日に公開されている。

「阪堺線への支援の中間検証結果」

http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/toshi/kotsuseisaku/kasseika/tyukankenshyou.html

現在、「中間検証結果」に対する意見の募集が行われておりますので、会員各位には、積極的に意見応募いただければ、と考えます。

阪堺線への支援策は、平成21年に、市内の東西交通軸としてのLRT計画を、現市長が中止した結果、阪堺線の存続そのものが危ぶまれる事態となり、平成22年から堺市が10年間で20億円の支援を決定し、スタートした。
以来5年が経過したわけであり、支援策の効果検証を行った結果が、この「中間検証結果」として、公表されたもの。(事務局)

竹山市長の新年の挨拶について一言申し上げます

竹山市長の新年の挨拶がありました。

要約すれば、初めの2年間は、思い切った事務事業の見直しをした。
その例として、LRT,堺東の再開発の中止を挙げていますね。しかも、議会と十分な議論の上で中止が出来て良かった。

職員にも感謝する、と言う事でしょうか。しかし、LRTは、公約の一丁目の一番地として、市長就任と同時に一方的に中止を宣言したのでは。
しかも、2009 年度LRT事業予算の見直しは、堺市議会で否決されたので、「再議」に付し、無理やり中止したのではないですか。

堺東の再開発は、これも、代案を示さず、一方的に、「同準備組合」からの「設立認可」申請を拒否したのではないですか。

長年準備してきたこれらのプロジェクトを、精査せず、簡単に「中止」し、「一旦決めた事をひっり返すことは大変なこと」と自画自賛しています。
少なくとも、中止するなら、その代わり「何をするか」を示し、断行するべきではないでしょうか。
中止後は、「プラン」づくりと称し、先送り。具体のまちづくりは、ほとんど進んでいませんね。

「市民会館」も、2000 席の現地建て替えは「無策」、と識者のヒンシュクをかっています。

竹山市長の言う通り、2013 年が、堺市にとって、本当に実りの多い年となるのでしょうか。

(堺市一職員さんより投稿をいただきましたので掲載いたします。事務局)

組織活性化にならない条例案( 6 月議会その 2 )

竹山堺市長は、 6 月11日議会開会中に「堺市職員と組織の活性化のための条例」を提案しました。(以下、「活性化条例」とする)

大阪府・大阪市では、「職員基本条例」が、いずれも維新+公明を軸に議会成立していますが、堺市では、昨年の12月議会、大阪維新の会堺市議会議員団から提案された同条例案は、反対多数で否決されています。

続きを読む 組織活性化にならない条例案( 6 月議会その 2 )